痛風の食事で外食やコンビニの注意点

痛風の食事で外食やコンビニの注意点

スポンサーリンク

 

痛風の食事で、外食やコンビニが多い人の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。
外食やコンビニ弁当といった食事は、塩分過多で痛風がひどくなると言われています。

 

 

【痛風の食事で外食の注意点は?】

 

 

痛風の食事で外食やコンビニの注意点ですが、味の濃い塩分過多の食べ物が非常に多い点です。
コンビニ食の傾向として、定食屋やファミレスに比べると一層単品メニューです。
高エネルギー、保存になっています。
高塩分になるという傾向があります。

 

 

痛風の食事で外食をする時の注意点ですが、定食屋やファミリー・レストランならそれほど気にすることはないです。
コンビニ食は塩分過多になるので要注意です。
食べ過ぎには気をつけることが大事です。
できるだけサラダ類といったヘルシーでカラダに負担をかけないメニューにする、ということも大事です。

 

スポンサーリンク

 

【痛風の食事で外食コンビニの注意点は?】

 

 

痛風の食事で外食の注意点ですが、コンビニ食は塩分過多です。
コンビニ食は、高エネルギー、保存になっているので高塩分です。
食べ過ぎると塩分過多になりますし、食べ過ぎないようにすることが肝心です。

 

 

コンビニ食を食べる時の注意点は以下の通りです。
注意点は、サラダのドレッシングはノンオイルのものは塩分が高いのでオイル入りにします。
お弁当は野菜不足になりやすいので、塩分無添加の野菜ジュース、サラダといったヘルシーでカラダに良いものを付け合わせるようにすることが肝心です。

 

 

他の注意点は以下の通りです。
自分でかけるつゆや醤油の量を減らすこと、インスタントの味噌汁の味噌の量を減らすこと、おにぎりの具材ですが、ツナマヨの塩分が低めです。
おにぎりは白米よりも玄米が栄養豊富です。

 

 

いかがでしたでしょうか?外食をする時には、こうした栄養豊富なものを付け合わせることも大事です。
ヘルシーな野菜ジュースやサラダ類と組み合わせるようにすると栄養も摂れるので効果的と言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク