痛風の食事でイカやタコを食べる時の注意点

痛風の食事でイカやタコを食べる時の注意点

スポンサーリンク

 

痛風の食事ですが、食べてはいけない食べ物としてよくイカやタコが挙げられます。
イカやタコが好物という人も多いようですし、痛風の人はどのような注意点があるのでしょうか。

 

 

【痛風の食事でイカやタコを食べる時の注意点は?】

 

 

痛風の食事で食べてはいけないものとしてイカやタコが挙げられます。
なぜ痛風に良くない食事・食べ物として海産物があるのでしょうか。
海産物の特にイカとタコはプリン体の量が多いようです。
食べる時の注意点ですが、生ダコや生イカを食べ内容にするということです。
イカやタコを生のまま食べると痛風がひどくなるのでゆでだこにして食べるようにすることが肝心です。

 

 

注意点としてはこんな感じです。
他の注意点ですが、イカはプリン体の多い食べ物です。
イカには、100g中に20.7mgのプリン体が含まれています。
これは、赤みの魚に次ぐ含有量となっているのでかなりのプリン体が含まれているのです。

 

スポンサーリンク

 

【痛風の食事でタコを食べる時の注意点は?】

 

 

痛風の食事で食べてはいけないものとしてタコがあります。
いかのプリン体の含有量は赤みの魚に次ぐもので痛風がある場合には要注意です。
たこの場合は、どうやらプリン体の量が少ないようです。
生ダコは、プリン体の量が18.7mgと少なくなっていて、いかと異なり干して食べるものが少ないのが大きな特徴です。

 

 

注意点は、生ダコで食べることが少ないのでゆでだこで食べます。
燻製もあり、茹でてたこを食べるとプリン体が濃縮されてしまいます。
おでんにして食べると出汁も染み、プリン体がかなり濃くなるのです。
その点が注意です。

 

 

ツウフウの食事ですが、こうした海産物はプリン体の量にも注意をすることが肝心です。
海産物によっては、いかのようにプリン体の含有量が少ないものもありますが、食べ過ぎるとツウフウの痛みや痒みといった症状が悪化することもあります。
海産物が好物という人は、いかやたこのプリン体の量にも注意をしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク