痛風の食事で寿司や刺身の注意点

痛風の食事で寿司や刺身の注意点

スポンサーリンク

 

痛風の食事は味の濃いものや塩辛いものは控える必要があります。
他にも、寿司や刺身といった食べ物をよく食べるという人は多いのではないでしょうか。
こうした食べ物を食べる時の注意点についてご紹介します。

 

 

【痛風の食事で寿司や刺身の注意点は?】

 

 

痛風のある人で、塩辛いものや味の濃いものが好物でよく食べている、という人も多いのではないでしょうか。
痛風の食事で寿司や刺身を食べる時には注意点もあります。
回転寿司でお寿司が食べたい、刺身を食べたいという人は注意点にも目を通しておくことが肝心です。

 

 

痛風の食事の注意点ですが、マグロやカツオといった刺身にすると美味しい魚はプリン体が多く含まれているのです。
高脂肪や高カロリーの食事は、尿酸値を高めて痛風の症状を悪化させます。
刺身の場合は、油類をまったく使わないので高脂肪・高カロリーの食事ではないのです。

 

 

ただ、刺身はタイやヒラメ・マグロの赤身・カツオは高タンパク質で低カロリーの魚です。
アンセリンという物質の含まれている魚は、尿酸の生成を妨げ血液中の尿酸を体外に排出するという働きを持っています。

 

スポンサーリンク

 

【痛風の食事で寿司の注意点は?】

 

 

痛風のある人で、塩辛いものや味の濃いものが好物という人も多いようです。
回転寿司でおすしを食べたいという人も多いのではないでしょうか。
注意点ですが、プリン体がどの寿司ネタにも多く含まれていますし、お寿司を食べたあとはビールを飲む人もいます。
食べたあとにビールを飲む場合は、おすしは注意です。

 

 

このように痛風がある人の食事で食べても良いのは、刺し身です。
刺し身なら、尿酸値が上昇することもないので安心して食べることができるようになっています。
注意点は様々ですが、食べ過ぎを控えることも肝心です。

 

 

ツウフウの食事内容はこのような点に気をつけることが肝心です。
塩辛いもの以外にも、尿酸値を上昇させる食べも物もあるので尿酸値を上昇させない食べ物を食べるようにすることが肝心です。

 

スポンサーリンク