痛風発作の痛みのが起きやすい部位や場所は?

痛風発作の痛みのが起きやすい部位や場所は?

スポンサーリンク

 

ズキンズキンと激しい痛みの起こる痛風ですが、痛風発作の痛みが起きやすい部位・場所にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか。
痛風発作が起きやすい部位の特徴についてご紹介します。

 

 

【痛風発作で痛みが起きやすい部位は?】

 

 

痛風発作のズキンズキンとした痛みは、痛みの起きやすい部位があります。
痛みの起きやすい部位・場所があるのですが、足の親指の付け根付近の関節部分です。
関節中足趾節関節にが起きやすい部位・場所で、最初の痛風発作で起きやすいです。
動けないくらいの痛みはこの足の親指の付け根付近が起きやすい部位です。
痛風は、尿酸値が高いと次第に関節炎が慢性化、次の症状までの間隔が短くなります。

 

スポンサーリンク

 

【痛風の痛みが出やすい場所は?】

 

最初の発作では、ほとんどが足の親指の付け根付近の関節部分です。
かかとやアキレス腱、膝関節といった場所にいたみが出ることもあります。
極稀には、手指やひじ、肩といったカラダの場所にもズキンズキンとした激しいいたみが出ることもあるので要注意です。

 

 

90%以上の場合は、下肢の関節に初期症状が現れます。
この場所にいたみが起こるので、痛風の病気かな?と感じたらすぐに治療をすることが肝心です。
尿酸値も高いと様々な病気のデメリットや病気が悪化することもあります。
発作が起きやすい場所は、こうしたかかとやアキレス腱、膝関節というものもあるので、こうした場所のいたみにも着目をすることが肝心です。

 

 

ズキンズキンとした激しい痛みや動けないほどのいたみが出る病気のツウフウは、痛む部位や関節のいたみでツウフウの病気かどうかが分かります。
この病気は、放置をする人も多いのですが、放置をして尿酸値が高くなり、病気が悪化したり合併症を引き起こすこともあります。
ズキンズキンとした激しいいたみや動けないほどのいたみが出た場合は、ツウフウの病気かもしれないので病気の治療をすることが肝心です。
いたみが収まったからといって病気の放置は要注意です。

 

スポンサーリンク