痛風発作の痛みの場所が移動するの?

痛風発作の痛みの場所が移動するの?

スポンサーリンク

 

痛風の諸症状には、カラダの激しい痛みがあります。
この痛みの症状ですが、場所が移動することがあるのをご存知でしょうか。
痛い場所が移動した場合の対処法についてご紹介します。

 

 

【痛風は痛む場所が移動することもあるの?】

 

 

痛風の症状である痛みですが、痛みの場所が移動することもあります。
通常、痛風発作というのは激しい痛み、歩行が困難になるほどの激痛に襲われます。
この痛みは、7日から10日でやわらぐので治ったと放置する人もしばしばです。

 

 

最初の痛風発作はほとんどが足の親指の付け根付近の関節部分に現れますが、この痛む場所が移動することもあります。
付け根付近の関節部分というのは、正確には関節中足趾節関節です。
たくさんの関節が同時に痛むことはないのですが、痛みの場所が移動することもあるので要注意です。

 

スポンサーリンク

 

【痛風発作の痛みは再発するの?】

 

 

気をつけたいのが、激しく痛む痛風発作が7日ほど起こり治ると、病気を放置する人が多いようです。
痛風発作は、高尿酸血症の病気を治療しないと完治しないので要注意です。
治療をしないで放置をすると、忘れた頃に再発して激しい痛みに見舞われます。

 

 

尿酸値の値が高いと、尿路結石を起こすこともあります。
また、腎機能が悪くなりカラダの機能が低下することもおあるので、痛風発作が起こったら放置をせずに病気の治療をすることが肝心です。
合併症を引き起こすこともありますし、合併症が起こる前に適切な病気の治療をすることが肝心です。

 

 

発作は親指の足の付け根付近に激しいいたみが出ます。
いたみは再発しまたり、いたみの場所が移動することもあるので病気が治ったと勘違いする人が多いようです。
合併症になることもあるので、しっかりと病気の治療をすることが肝心です。
この病気は、いたみが治まったりするのですが、治ったわけではないので要注意です。
また、たくさんのいたみが出るのはこの病気ではなく、リウマチです。
リウマチとは症状が違います。

 

スポンサーリンク