痛風で起こる痛みの特徴とメカニズム

痛風で起こる痛みの特徴とメカニズム

スポンサーリンク

 

激痛を伴うという痛みの症状が出る病気には、痛風があります。
痛風で起こる痛みの特徴やメカニズムについて知ることで痛風の病気を知ることができます。
今回は、男性に多い病気の痛風の痛みの特徴とメカニズムについてご紹介します。

 

 

【痛風発作が起こるメカニズムとは?】

 

 

発症する人の98%が男性という、非常に男性の患者が多い痛風ですが、この病気の発作が起こるメカニズムとはどのようなものがあるのでしょうか。
痛風発作の起きる特徴やメカニズムは、尿酸値が7.0mg/dlを超えると除々に尿酸の結晶が関節に沈着するようになるのです。
結晶が関節に溜まっているだけでは発作が起きないのが、このメカニズムの大きな特徴です。

 

 

関節にたまった尿酸結晶が何らかの原因で、剥がれ落ちると発作が起きるようになります。
この時に、関節から剥がれた尿酸結晶を免疫細胞の一つの白血球が異物として認識、白血球は異物の尿酸結晶を排除しようという働きで、激しい炎症が起こるようになります。
発作が起こるメカニズムの大きな特徴は、この通りです。

 

スポンサーリンク

 

【激痛が起こる痛風発作の痛みの特徴は?】

 

 

激痛が起こる発作の痛みの特徴は、夜に痛みの発作が出る、というものがあります。
寝ている間は、血圧や体温が下がりやすい時間帯でもあり、尿酸が結晶化しやすくなるのです。
この夜の時間帯は、関節に溜まりやすくなります。

 

 

痛みが現れやすいカラダの部位の大きな特徴は、ほとんどが足の親指の付け根付近の関節という点です。
この部位に最初の発作時に痛みを伴います。
動けないくらいの痛みの大きな特徴は、1ヶ所の関節だけでたくさんの関節が同時に痛い、ということはないのです。
いくつかの関節が痛い場合は、リウマチという他の病気の可能性があります。

 

 

痛風発作は親指の足の付け根付近に激しいいたみが出ることが多いので、このようなメカニズムを知っておくことで効果的に病気の予防や治療ができるようになるのです。
ぜひ治療に役立ててみてください。

 

スポンサーリンク