痛風で膝に水がたまる原因と対処法

痛風で膝に水がたまる原因と対処法

スポンサーリンク

 

痛風になると、膝に水がたまるようになります。
この痛風で膝に水がたまる原因と対処はどのようなものがあるのでしょうか。
主に男性がかかる病気と言われています。
あるデータでは、痛風患者の98%が男性です。
この痛風になぜ男性がかかるのかは原因があるので分かりやすくご紹介します。
メカニズムについて知ることで効果的に対処ができるようになるのです。

 

 

【男性の患者が多い痛風はどんな病気なの?】

 

 

患者の98%が痛風患者というこの病気は、部位ごとに痛み等の症状を伴うのが大きな特徴です。
諸症状としては、膝に水がたまる、というものがあります。
膝に水がたまると痛みや激痛が出ることもあります。
膝にもともと関節液と呼ばれている液体があり、無色透明で粘り気のある関節の動きを滑らかにする役割のあるものです。

 

 

関節液は、常に新しいものが補充されて古いものはカラダに吸収されていきます。
関節液を作る滑膜という器官に炎症が起きると関節液が余分に作られるようになるのです。
そうした炎症が起こると、膝に水がたまるようになるので痛み等の諸症状が出てきます。
溜まった水の色を見ることで、痛風の病気かどうかを知ることができるようになっています。

 

スポンサーリンク

 

【痛風で膝に水がたまる原因と対処】

 

 

痛風でひどい痛み・激痛を伴い悩んでいる、という人は多いのではないでしょうか。
通常、初期症状としては足の親指に現れるのが大きな特徴です。
それから付け根が赤く腫れ、激痛を伴います。
ただ、しばらくすると治るのでそのまま病気を放置する人もしばしばです。

 

 

原因ですが、尿酸値です。
何らかの原因で体内の尿酸量が異常に増えると水に溶けにくい性質で、体内のあちこちで結晶化します。
遺伝的な要因と特定の病気や生活習慣が大きい原因です。

 

 

対処法は、膝関節の炎症を止める治療です。
関節液の過剰分泌が炎症が続くと治らないので、注射器で水を抜く治療と並行し、炎症を抑える薬物療法を施します。
病気の治療をせずに放置をしておくと悪化することもあります。
血液検査をして尿酸値の値をはかるのはカンタンです。
健康診断は定期的に受けるようにすることが肝心です。

 

 

水がたまる病気で放置をする人も多いですが、原因や対処法を知ることで病気の予防をすることができるようになります。
対処法は、薬物療法です。
注射器で水を抜く治療も対処法です。

 

スポンサーリンク