痛風で腫れる期間はいつまで続く

痛風で腫れる期間はいつまで続く

スポンサーリンク

 

痛風の症状にみられる腫れについて考えましょう。
指の付け根や肩などいろいろな部位に痛みが生じますが、痛みだけでなく腫れてしまうこともよくあります。
どれくらいの期間、腫れが続くものなのでしょうか。
また改善策などがあるのか説明します。

 

 

【痛風なのに腫れてしまうことがあるの?いつまで続くこの症状】

 

痛風は激しい痛みを生じるだけでなく、症状が酷いと患部が腫れてくるものです。
しかもすぐには収まらずに困ったものです。
実は主な原因である尿酸の値が高ければ高いほど、結晶が体内に留まった状態になるのです。

 

 

暴飲暴食で肥満気味など、生活習慣の改善を求められていたのに、改善できていなければ、体内にも尿酸が長い期間存在することになるので、その分腫れが引く期間がずっと続くことになるのです。

 

 

酷い場合には、数か月もの長い期間、痛風の腫れと付き合わなければいけません。

 

 

【この症状に対処法はあるの?】

 

これだけ長い期間、痛風に苦しめられるなんて思いもよらない話ですが、どのような対処法があるのでしょう。
とにかく改善するためには、尿酸結晶を身体から排出しなければいけません。

 

 

結晶は体温が上がることで血液中に溶けだします…というのが東洋医学の教えであります。
また、逆に西洋医学では、とにかく痛みが続くのであれば、シップなどで冷やして、医師から処方された痛み止めを服用することが治ることへの第一歩だという考えもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

【痛風には東洋?西洋?どちらの医学がいいの】

 

この腫れの症状が続く期間は本人にとってはつらいものです。
どのような医学でも効果が得られるのであればその人にとっては救いの手になるはずです。

 

 

どちらの治療も有効的であると考えられていて一長一短です。
それよりも尿酸を溜めないことが肝心です。
アルコール類などプリン体の摂取はなるべく控えましょう。

 

 

長く続く痛風の腫れは、根本的な原因を改善しない限り、苦しむ期間が続くことになります。
暴飲暴食だけでなく、毎日続けることのできるウォーキングや簡単な体操などで汗を流すことも大切です。
今からでも遅くはありません。
ぜひ実行に移して身体を改善させましょう。

 

スポンサーリンク