痛風 ヨーグルト 効果

痛風へのヨーグルトの効果とは

スポンサーリンク

痛風の発作は耐え難く、辛いものですので、日頃からの予防と改善が大切なポイントになります。
最近ではヨーグルトの効果が期待されているのをご存知でしょうか。
ヨーグルトの効果について説明します。

 

 

【痛風が起こる原因について】
ヨーグルトの効果について理解するには、まず痛風がなぜ起こるのかを知る必要があります。
痛風とは、血液中に尿酸が増えることで、尿酸塩結晶が関節に沈着し、炎症を起こす発作です。
激痛を伴い、足の親指の付け根に発作が起きることが多く、風が吹いても激痛を感じるという表現からその名前がついたと言われています。

 

 

【尿酸とプリン体との関係】
尿酸とは、体内にあるプリン体という成分が分解されて残る老廃物です。
普通は尿まで運ばれ排泄されますが、過剰に摂取することで尿酸値も増えて、痛風になりやすくなります。

 

 

プリン体とは、体内の細胞核を構成する、あるいは、活動する為のエネルギーを生成する際に必要となる大切な物質ですが、細胞が古くなり、エネルギーの生成後には不必要となってしまう為に、不要なプリン体が溜まります。
ほとんどのプリン体は再利用されますが、余分になったプリン体はそのまま尿酸に分解されます。

 

スポンサーリンク

【プリン体が増える原因】
一般的に、8割が体内生成、2割を食べ物から摂取していると考えられています。
つまり、体内で生成される量によって、体に大きく影響してくるということになります。
言い換えれば、生活習慣によるところが大きいとも言えますので、食生活や生活サイクルを改善することで、痛風の予防や改善になるということが言えます。

 

 

【痛風へのヨーグルトの効果】
口から摂取したプリン体は、全ては吸収されず、ある程度、腸内の微生物や発行物によって分解されたり、栄養分として消費されることがあります。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌にも、同じような性質があり、痛風の原因をされるプリン体を代謝や分解、消費することで、尿酸値を低くする作用があることが分かってきました。

 

 

また、体内に溜まった尿酸を排出する為に、尿をアルカリ性に傾ける必要があるのですが、ヨーグルトは尿を正常な状態であるpHに近づけ、アルカリ性にする効果があるとされている為、効果が期待できます。

 

 

ヨーグルト効果で痛風の予防や改善が期待できる理由について説明しました。
日頃の食生活にヨーグルトを上手に取り入れ、尿酸を増やさない努力をすると良いでしょう。

スポンサーリンク