痛風 わかめ 海藻類 プリン体

プリン体が原因の痛風…わかめなどの海藻類が良い理由

スポンサーリンク

プリン体が原因とされている痛風には、わかめなどの海藻類を摂取するのも良いとされていますが、どのような工夫した摂取方法があるのでしょうか。

 

 

【バランスが大切】
私達が健康を促進するという点を考える上で、やはり欠かせないのは、バランスという要素です。
どれだけ体に良いものを体に取り入れていると思っていても、それだけになってしまうのであれば、本当の意味で栄養を摂取しているとは言えないかもしれません。
それが、いわゆる「痛風」を引き起してしまうことがあります。
痛風はプリン体が原因となって、尿酸が溜まり、それによって様々な症状が引き起こされるものです。

 

 

【一役買う食材とは】
尿酸の生成要因となるプリン体が原因となる痛風に良いとされている食材は色々あります。
予防という面で見るならば、わかめなどの海藻類が良いともされています。
なぜわかめなどの海藻類が良いのでしょうか。
痛風の原因となるのは、いわば「尿酸が体外に排出されない」という点です。
その点で、わかめなどの海藻類、野菜類はその尿酸を体外へ排出させるのに一役買います。

 

スポンサーリンク

【含まれているのはビールだけではない】
なんとなく、「プリン体」と聞くとビールを思い起こすかもしれません。
確かにビールそのものも痛風には危険ですが、私達が普段健康に良いと思って取り入れているものであっても、プリン体が想定以上に多く含まれており、本当はそのプリン体によって痛風になる危険性を上げてしまっているかもしれないのです。
そういった食材にも注意する必要があります。

 

 

【バランスを大切に】
わかめなどの海藻類は、同様に痛風予防に良いとされている味噌汁などの具としても用いると良いかもしれません。
ただし味噌汁の作り方も場合によっては塩分が多くなったりしてしまうので、できるだけバランスを考えた具材でつくるようにしましょう。
このようにして、食事の「バランス」という点で、わかめなどの海藻類を上手く取り入れ、予防していきましょう。

 

 

プリン体が最初の原因となる痛風には、尿酸排出に役立つわかめなどの海藻類が予防に良いですが、一つのものだけではなくバランスを考えた取り入れ方が重要です。

スポンサーリンク