痛風 食事 ブロッコリー プリン体

ブロッコリー等のプリン体を含む食事と痛風への影響

スポンサーリンク

痛風にはプリン体が良くないと耳にすることがありますが、ブロッコリー等、プリン体を多く含む食事を摂ることでどう影響するのでしょうか。
きちんと理解しておくことが大切です。

 

 

【痛風との関係】
痛風とは、血液中の尿酸値が高くなり、結晶化して関節に沈着することで引き起こされる症状ですが、この尿酸を作り出す元になるのがプリン体になります。
実際には、細胞の中の核酸に含まれている為、肉類、魚、野菜、豆類、海藻類と、ありとあらゆる食材に含まれていますので、食事で意識しながら摂取を控える必要があります。
この成分は、食事で摂るものと、体内で作られるものがあります。

 

 

【プリン体が作られるメカニズム】
体内で作られるメカニズムとは、一つは細胞の新陳代謝の際に、古い細胞が分解される時に出るもの、一つは激しい運動をした際にできるものがあります。
体内で作られたり、食事で摂取したプリン体が、肝臓で分解されることで尿酸が作られます。
その後血液によって腎臓に運ばれ、尿として体外に排泄されます。

 

スポンサーリンク

【痛風にはプリン体を多く含む食品は厳禁?】
まず、ブロッコリーに限らず、ほとんどの食品に含まれています。
痛風の予防、改善にと、気にし過ぎると食事ができなくなってしまい、極端に制限すると、栄養バランスが崩れて体調を崩してしまう危険性があります。
痛風を予防、改善する為の食事として、ブロッコリー等の成分を多く含む食事を全て制限するよりは、エネルギーの摂り方、栄養バランスに重点をおいていくことにポイントがおかれているようです。
もちろん、プリン体を多く摂り続ければ、尿酸値が高くなってしまいますので、適度に控えることを心がけましょう。

 

 

【ブロッコリー等プリン体を多く含む食材】
玄米、白米、小麦粉、そば粉等の穀類、豆腐、おから、落花生等の豆類、卵・乳製品、ブロッコリーやほうれん草、カリフラワー等の野菜、きのこ類にも多く含まれますが、特にレバー類に多く含まれ、白子、エビやイワシ、カツオ等の魚介類が挙げられます。
ブロッコリー等の野菜よりも、乾物である椎茸や魚の干物は水分量がない為に高い数字になりますので注意しましょう。

 

 

痛風には、ブロッコリー等の高プリン体を控えることも重要ですが、まずは栄養バランス、適量に食事をすることを意識するようにすることが予防、改善に繋がることを知っておきましょう。

スポンサーリンク