痛風 クエン酸 ビタミンc 効果

クエン酸とビタミンcの痛風への効果

スポンサーリンク

痛風は、風が吹くだけで痛いといわれる程、激痛を感じる発作です。
クエン酸やビタミンcが効果があると言われていますが、本当に効果は期待できるのかどうか考えてみましょう。

 

 

【痛風の発作が起きるメカニズム】
痛風とは、関節の内部に尿酸塩結晶という物質が沈着することで発症する関節炎です。
尿酸塩結晶は、通常は尿酸として血液中に溶けていますが、過食や飲み過ぎ、肥満、ストレス等が原因で、血中の尿酸濃度が高い状態が続いたり、低い温度での環境が原因で、尿酸が血液に溶けにくくなると、尿酸が結晶化し、痛風の発作を引き起こします。

 

 

【痛風の症状について】
よく言われるのが足の親指の付け根に激烈な痛みが走り、真っ赤に腫れるという症状です。
急性のものとしてこの症状が最も多い傾向にあります。
痛風の関節炎の症状は、治療をしなくても徐々に治まりますが、そのまま放置しておくと、頻度が多くなり、他の関節にも発作が出るようになりますので、しっかりと医者に診てもらう必要があります。
また、痛風に効果があるとされる成分を摂ることも解消法になりますので知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

【クエン酸の効果】
痛風の原因は尿酸にありますが、その尿酸値を下げることで予防することができます。
尿酸値が高い状態の尿は酸性に傾き、なかなか尿酸を溶かすことはできません。
クエン酸は、尿をアルカリにしてくれる効果がある為、基本的にクエン酸は酸性ですが、体内にアルカリ性に変わる性質を持ち、体内で尿をアルカリ性に変える働きをしてくれます。
クエン酸は、レモンや黒酢、梅干しのような酸っぱいものに含まれています。

 

 

【ビタミンcの効果】
ビタミンの中で尿酸値を下げる働きのあるビタミンcですが、体内に溜まった尿酸の排泄を促す役割があります。
美容にも良いとされるビタミンcですが、フルーツに多く含まれ、特にレモンやすだち、いちごやキウイフルーツ等に沢山含まれますので、積極的に摂取するようにしましょう。
ただし、ビタミンcは加熱に弱い為、注意するようにしてください。

 

 

痛風予防にクエン酸やビタミンcが効果的ですので、日頃の食生活から意識的にクエン酸を多く含む酸っぱいもの、ビタミンcが豊富なフルーツや野菜を取り入れるように心がけると良いでしょう。

スポンサーリンク