痛風 薬 フェブリク 効果 副作用

痛風の薬であるフェブリクの効果と副作用について知る

スポンサーリンク

痛風に効果的な薬として知られている中の1つがフェブリクという種類なのですが、どのような効果があって、どのような副作用があるのかを知っておくことで、安心して服用できるようになります。

 

 

【フェブリクの効果】
フェブリクという薬は、痛風や高尿酸血症などに効果があるとされています。
もちろん使用したからと言ってすぐに治るというわけではありませんが、痛風にはやはり薬物治療は欠かせません。
そのため、医療機関でも使用されることが多くなっている薬です。
当然他の薬も一緒に処方されることがあるでしょうが、きちんと使用用途を守って使うことが重要です。

 

 

痛風の症状が酷いからと言って、たくさん服用するようなことは止めましょう。
きちんと医師が処方した通りに服用してこそ効果を得ることができるのです。
フェブリクは少ない量で効果が出るというメリットがあります。
フェブリクは2011年から製造承認を得ており、日本で承認を得るのは40年ぶりと言われています。

 

スポンサーリンク

【フェブリクの副作用】
フェブリクも薬である以上は、副作用というのは避けて通れないと言えるでしょう。
痛風に使用する場合には、比較的少ない量でも効果的と言われているものの、やはり人によっては副作用が出ることもあるのです。
では、どのような症状が出てしまう可能性があるのでしょうか。
血液関連で言えば、白血球が減少してしまうという症状が出る場合があります。

 

 

神経であれば頭痛や軽い味覚障害が出る可能性があり、動悸が激しくなるという副作用が出るとも言われています。
また、じんましんや脱毛という副作用が出ることもあるので、もし出てしまった場合には、痛風とは関係がなくてもすぐ医師や薬剤師に相談しましょう。
生理機能が低下している場合にフェブリクを使用することでも副作用が出やすくなっています。

 

 

痛風の症状が出た初期の方が、よりフェブリクの効果も期待できると言えるでしょう。
もし痛風の症状が出たとしても、そのまま放置してしまうと、その分効果が出るまで時間がかかってしまうことも多くなります。

スポンサーリンク