ピーナッツ 食べ過ぎ 原因 痛風

ピーナッツの食べ過ぎ原因で痛風になる?

スポンサーリンク

おつまみとしてもおやつとしても人気の高いピーナッツ。
子供から大人まで好きな人は多いです。
子供の頃はおやつとして、大人になってからはお酒のお供になりついつい食べ過ぎてしまうなんてこともあるでしょう。
ピーナッツ自体には血液をサラサラにするなどの効果もあり、栄養価も高いため非常に優秀な食べ物です。
しかし、食べ過ぎるとあらぬ病の原因になる可能性があるのです。

 

 

【プリン体】
ピーナッツには100g辺り約50mgのプリン体が含まれており、非常に高い数値となっています。
プリン体は痛風の原因になる成分ですのでピーナッツを食べれば食べるほど痛風を起こす危険性が高まります。
食べ過ぎないようにしましょう。

 

【痛風】
痛風は血中の尿酸値が高くなり起こってしまう関節炎です。
プリン体を多く含む食べ物やお酒を日常的に過剰に接種してる方がなりやすいです。
発症すると足の指や膝に激痛が走ります。
食べるものも制限されてしまうので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

【食べる量】
ピーナッツを食べ過ぎると痛風になる原因になり得るとされていますが、一体どのくらいの量が適切な量なのか知らない人がほとんどです。
一般的には30粒と言われておりグラム数に表すと18グラムです。
しかし、食べ始めると中々止まらない中毒性があるピーナッツなのでそこできっちり量を計算するのは難しいです。
調理してあるバターピーナッツなどの商品ではなく自分で落花生を買ってきて茹でて食べると量も調整できるのでオススメです。

 

【予防法】
食べ過ぎると尿酸値が高くなり、痛風になるリスクがあると言われてますが、実はピーナッツ自体にはそれほプリン体は含まれていなく、一緒に飲んでしまうビールなどのプリン体が多いお酒を飲んでしまうのが主な原因となっています。
予防法としては単純にお酒を控えることから始めて体質の改善をいたしましょう。

 

 

痛風になると今まで美味しく食べていたものを制限することになり生きる楽しみが減るでしょう。
日常から原因になるものを避けて食べたくとも食べ過ぎないようにする等努力が必要です。
原因はピーナッツの食べ過ぎやお酒だけでなく生活習慣も大きく関わってきます。
様々な不摂生を原因として食べ過ぎ飲み過ぎには気をつけて生活を見直すのが良いでしょう。

スポンサーリンク