痛風 発作中 飲酒 アルコール 悪影響

痛風の発作中は飲酒は厳禁?!アルコールによる悪影響とは

スポンサーリンク

激しい痛みで苦しい思いをするのが痛風の発作です。
その痛風の発作中に痛みを紛らわすために、アルコールの飲酒でごまかすという人も多いようです。
実際にアルコールなどの飲酒が痛風の発作中に与える悪影響はどのような事が考えられるのでしょうか。

 

 

【お酒は悪影響!原因を知って予防策を】
そもそも痛風の原因は、高尿酸血症といって、体内の尿酸値が高くなってしまう事が原因でおこります。

 

 

痛風の原因となる尿酸値が高くなる要素として、一番に挙げられるのがアルコール類です。
中でも、特にビールやウィスキーに含まれるプリン体が尿酸値を高くする原因となり、飲酒以外でも食べ物に含まれているプリン体でも尿酸値を高くする事がわかっています。

 

 

特に悪影響を及ぼすと言われているアルコールの摂取ですが、実際に長く続く痛風の発作中にアルコールなどを飲酒する事でどのような悪影響がおこるのでしょうか。

 

 

【尿酸値を上げない事が大切】

 

長く続く傾向のある痛風の痛みを紛らわせるために、少しでも飲酒をするという人が、発作中でもいるようです。

 

 

厳密にいうと発作中のアルコールなどの飲酒は、医師の指導の下では悪影響とされ、飲まないに越した事はありません。

 

 

特に、ビールやウィスキー以外を飲めばいいのではと考えている人もいますが、尿酸値が高くなる事で痛風の発作は起こるため、アルコールは全般的に尿酸をつくる原因となるため、特に発作中に飲酒をする事で翌日初日のような激痛が再び襲ってくるという悪影響を及ぼす事になります。
とにかく発作を早く収めたいと思うなら、発作中のアルコールはご法度と考えるのがベストといえます。

 

 

スポンサーリンク

【お酒は意外と高カロリー。
食事とのバランスを考える】

日常的に飲酒をする人の多くが成人病の予備軍ともいえます。
アルコールは意外とカロリーが高いため、カロリーオーバーとなってしまう事が多く、飲酒によって肥満体型になってしまう事もあります。

 

 

また、尿酸値の上昇を抑えるためにも、度数の低いお酒を選んで飲むなど、お酒が止められない場合は、食生活に気を配ったり、適度に運動をするなどの工夫で健康的に過ごすようにする事も大切です。

 

 

痛風を抱えている人の多くがお酒が好きで止められないという人が多くなっています。

 

お酒はやめるに越した事はありませんが、厳しい場合は工夫をして上手に付き合っていく事で、尿酸値の改善だけでなく、食事や生活習慣の改善で健康生活を手に入れる事にもつながります。
大切なのは、お酒がもたらす悪影響を知って上手に工夫していく事といえます。

スポンサーリンク