痛風発作 痛み 続く 期間 間隔

もしかして痛風発作?辛い痛みが続く期間や間隔は

スポンサーリンク

風が吹いただけでも痛いという表現をされるくらい、痛風発作の痛みはひどく救急車をよぶほどと言われれています。
その痛風発作が出た場合痛みのピークは24時間と言われその痛みの期間は1週間から2週間は続きます。
原因が改善されない限りは、数か月間隔で出てくるなど日常生活にも支障を及ぼす事があるたため、発作の症状が出た場合は原因となっている高尿酸血症をの治療が必要となります。

 

 

【成人の4人に1人は予備軍】
痛風は贅沢病と昔は言われており、多くの患者さんが50代から60代と年齢層も高かったのが特徴ですが、最近は患者の多くが30代と年齢層も変わり、さらには成人男性の4人に一人は痛風予備軍と言われるほど若い人でも気を付けなければいけない病気のひとつとなっています。

 

 

痛風発作は、特になんの前触れもなくいきなり発症する事が多く、ほとんどがひざから下の関節で、約90%は親指の付け根が痛むと言われています。

 

 

痛風発作は、風が吹いても痛いといわれているほど激しく痛さがしばらく続くのが特徴です。
痛風発作が出た時の痛みのピークは24時間で、ピークの時には靴も履けずタクシーで移動するのも苦しく、救急車を呼ぶ人もいるほど痛さが続くと言われています。

 

 

【痛みはいつまで続くのか】
痛風発作の痛みのピークである24時間が過ぎると、次第に回復していきますが、痛みがすべてなくなるのではなく、期間としては1週間から2週間は続くので、発作が起こった場合納まるまでの期間は、仕事を休む必要があると考えておきましょう。

 

スポンサーリンク

【発作の間隔は】
では、発作が出てから痛みが続く期間である1〜2週間が過ぎると、次に発作が起きる間隔としてはどのようになっているのでしょうか。

 

 

発作が続く期間で多い1〜2週間が経過すると次第に痛さはなくなっていきますが、発作の原因である高尿酸血症が改善しない限りは治ったという状況ではないため、数週間や数か月の間隔で発作が出る事もあれば、1年後という間隔で発作が出ることもあります。

 

 

日ごろの食生活などの生活習慣の改善で発作を回避する事にもつながり、原因である高尿酸血症の改善がみられる事で、発作の間隔を延ばす事はもちろん、痛風の改善にもつながるので、痛風発作が出た場合は、医師に相談をしながら食生活や生活習慣の改善に気を配る事が大切です。

 

 

痛風の発作は、ある日突然現れます。
気になる場合は、血液検査などで日ごろから尿酸値を調べておくなど対策を早めにとる事で、つらい痛みを回避する事ができるだけでなく、早期発見で早めの完治を目指す事が可能です。

 

 

痛風の痛さは放置していればずっと続きますが、治療を始めて気を配っていれば、発作の間隔は短くなりその期間や痛さの期間も短縮されていきます。

 

その点を考えても、早期に治療を開始して、続く辛い発作から解放されましょう!

スポンサーリンク