痛風 水分 取りすぎ

痛風の人は水分の取りすぎに注意

スポンサーリンク

痛風は贅沢病とも言われておりおいしいものばかりを食べる人がなる病気と言われています。
実際には体内に尿酸がたまることによってひざなどに痛みを感じることになります。
ビールにはたくさんのプリン体が含まれており、ビールをたくさん飲む人は結果として体内にたくさんの尿酸値がたまることになります。

 

そしてひざに痛みを発症します。
ビールをたくさん摂取していても運動や水分をたくさんとって尿酸を体内に排出する人であれば痛風になりにくいものですが、ただ水分を取りすぎればよいというものでもありません。
ミネラルウォーターなど単なる水であれば良いのですが、他の成分をたくさん含むビールなどは摂取すると逆効果となります。

 

痛風になるには前兆があります。
いきなり膝が歩けなくなるほど痛くなるということはなく、ある日膝に違和感を感じる前兆があります。
その時点で食生活や生活習慣を改めると、その後に痛風の症状がでることはほぼありません。

スポンサーリンク

水分を取りすぎることにより尿酸値を下げることはできますが、何より尿酸を摂取しないことをまず第一に行うべきです。
そのためにはビールの摂取を控え運動などで汗を流し水分を積極的に摂取することにより尿酸値は改善されます。

 

会社の健康診断では血液検査をすることにより尿酸値も測定されるため、痛風予備軍なのかどうかが判断できます。
尿酸値が高いと痛風になったり脂肪肝の疑いがあるため、すぐに対策が必要となります。
放っておくと膝が痛くなったり肝硬変などを発症する恐れがあります。

 

そのため普段の生活習慣の見直しが急務となりますが、生活習慣を見直しても改善されない時には医師に診てもらい薬を処方してもらって治療を開始する必要があります。
そして毎月定期的に医師に診断してもらい、血液検査を行って状況確認し尿酸値が安定してきたら薬による治療をやめることができます。
その間もその後も生活習慣の見直しを続けていく必要がありビールの取りすぎなどに注意することが必要です。

スポンサーリンク