痛風 女性 割合

女性に痛風が増えている割合と理由

スポンサーリンク

痛風とは、贅沢病といわれています。
理由としては、食品に含まれるプリン体といった成分が原因でなる症状だからです。
プリン体は様々な食品に含まれていて、とくに多く含まれる食品は、ビールやいくらなどの魚卵です。

 

このようなことから贅沢病といわれているのです。
痛風は男性に非常に多い病気です。
男性は女性と比べて、尿酸が溜まりやすいからです。

 

女性はホルモンの関係で尿酸が溜まりづらくなりにくいといった傾向があるのです。
しかし、最近では女性でも痛風になる割合が増えています。
特に、欧米では痛風患者の20パーセントが女性であるのです。

 

このようなことから女性も注意が必要であります。
では、どのようなことに注意していくことが重要なのか説明していきたいと思います。
まず、大切なことは食事です。

 

特に先ほども説明したようにプリン体の多い食品は控えることが良いでしょう。
また、欧米化する食生活にも注意が必要です。
ですので、バランスよく和食を中心とした食事を取ることがおすすめです。

スポンサーリンク

また、女性が痛風が増える割合として考えられるのが、運動不足や閉経後の女性ホルモンの変化なども関係しています。
こういったことから、痛風の割合は増えてしまうので、日頃から運動を積極的に取り入れる生活が良いです。
特にウォーキングなどを行えば手軽でありますし、ダイエットにもつながるのでおすすめです。

 

また、アルコールを控えることも重要であると考えられます。
それから、閉経後は体の様々なところに変化がでるので、今まで以上に規則正しい生活心がけることや婦人科などに受診して漢方などのお薬を飲むことも良いと思います。

 

また、痛風の症状は多いのが関節の痛みです。
関節の痛みは日によって痛い場所が変わることもあります。
ですので、少しでも違和感を感じたら病院を受診することがおすすめです。

 

検査方法として一番早い方法が血液検査であるので、レントゲンなどを撮って異常が見られない方は血液検査を希望すると早期発見につながります。

スポンサーリンク