痛風 発作 対処 たまねぎ

痛風発作の対処法にはたまねぎが効果的!

スポンサーリンク

痛風は、血液中に尿酸が増えてくる生活習慣病の一つです。
増えすぎた尿酸が結晶の状態になると、時に激しい痛風発作を引き起こします。
足指の関節などに炎症を生じさせるのが、尿酸の結晶です。

 

発作を抑えるためには、日頃から尿酸値を上げない対処が必要となります。
尿酸は、プリン体と呼ばれる成分を摂取することで増えるのが特徴です。
プリン体は特定の食物に含まれており、食生活を変えることが痛風を改善する近道になります。

 

概して、尿酸値が高くなるほど発作の発生率も高くなります。
食生活の改善が追い付かない場合は、敢えてたまねぎなどの野菜を利用するのも一つの対処です。
たまねぎには血液の流れを良くする働きがあり、尿酸が増えすぎるのを抑えます。

 

たまねぎの作用で血流が良くなれば、結晶化する尿酸も減るというのが一般的な説です。
起きてしまった痛風発作の対処は中々難しく、いかに未然に防ぐかがポイントになります。
食材選びに工夫することは、痛風発作の頻度を減らすためのコツです。

スポンサーリンク

たまねぎには、硫化アリルと呼ばれる成分が含まれます。
血液の流れを良くしてくれるのが、この成分です。
この硫化アリルは、生で摂取する方が効率よく成分が取り込めます。

 

ですので、たまねぎも出来るだけ生食する方が効果的です。
辛みのあるたまねぎは、通常生で食べる場合に、水につけるといった前処理が行われます。
こういった処理をすると、減少してしまうのが硫化アリルです。

 

水に溶け出てしまうため、十分な量が摂取出来なくなります。
従って、たまねぎを痛風対策に利用する際には辛みの少ない品種を選ぶようにします。
現在では品種改良が行われており、甘みの多い種類が登場している状況です。

 

痛風に悩む方の場合は、生食向きの種類を選ぶひと手間が役立ちます。
硫化アリルが摂取出来るタイプのサプリメントを利用しても、対策を講じることは可能です。
野菜の好き嫌いがある場合は、このような健康食品を利用すれば便利と言えます。
プリン体の摂取を抑えることも重要です。

スポンサーリンク