痛風 注射 水 抜く

痛風による膝の痛みには、注射器で水を抜くことが必要

スポンサーリンク

痛風は主に男性がかかるものとして知られていて、あるデータによると患者の98%は男性だといわれています。
これにはきちんとした理由があります。
痛風の原因は尿酸値です。

 

尿酸値の高い状態が何年か続くと、尿酸が体の中で結晶化してしまい激しい関節炎を引き起こすのです。
女性がこの病気になることが少ない理由は女性ホルモンにあります。
女性ホルモンには腎臓から尿酸を排出する働きがあるために、女性は痛風になりにくいのです。
しかし女性においても、閉経後に女性ホルモンが減少してくると尿酸値の値は上がってきますので注意しましょう。

 

通常、初めの症状は足の親指などに現れます。
付け根などが赤く腫れ激痛を伴います。
しかししばらくすると治まってしまいますので放置する人が多いのです。

 

その症状を何回か繰り返すと、今度は足首やひざなどの関節も腫れて痛みが走るようになります。
こうなると、痛みが現れる間隔も短くなっており、腎臓機能の低下や尿路結石になる人も出てくるために放置してはいけない病気なのです。

スポンサーリンク

痛風には膝に水が溜まり痛みが出るという症状があります。
もともと膝には関節液と呼ばれる液体が存在します。
無色透明で粘り気があり、関節の動きを滑らかにする役割があります。

 

この関節液は常に新しいものが補充され、古いものは体に吸収されていきます。
しかしこの関節液を作る滑膜という器官に炎症が起こると、関節液が余分に作られてしまい、結果として膝に水が溜まってしまうことになるのです。
膝に水が溜まる病気はいろいろあるのですが、溜まった水の色を調べることによって痛風によるものかを判断することもできます。

 

正常な関節液は無色透明ですが、痛風や関節リウマチなどの場合は、関節液の色は黄色で濁ったものになります。
膝に水が溜まった状態では、滑膜に刺激を与え関節液のさらなる過剰分泌につながるために、治療としては注射器を刺して関節液を抜くということが行われます。
ただ注射器で水を抜く治療は根本的な治療ではなく、膝関節の炎症のさらなる悪化を防ぐための対症療法であるために、効果は一時的になります。

 

膝関節の炎症自体を抑えなければ、関節液の過剰分泌は続きますから、注射器で水を抜く治療と並行して炎症を抑える薬物療法を施すことになります。
痛風は放っておくと慢性化する可能性もあります。
血液検査で尿酸値の値をはかることは簡単ですから健康診断は積極的に受けるようにしましょう。

スポンサーリンク