痛風 痛み止め 注射

痛風の発作に痛み止めが効かない時はステロイド注射が有効

スポンサーリンク

痛風を発症すると非常に激しい痛みを伴う発作が起きるようになりますが、自分ではこの痛みを軽減することはできません。
そのため、痛みを軽減するためには病院で適切な治療を受ける必要があります。

 

病院では痛み止めとして非ステロイド系の消炎鎮痛剤が使われるのが一般的です。
消炎鎮痛剤は炎症を抑えて痛みを軽減する効果があるため、痛風だけでなく腰痛や歯痛の痛み止めとしても使われています。

 

ただし、消炎鎮痛剤はあくまで一時的に痛みを軽減するだけの薬なので、痛みがなくなっても痛風が完治したわけではありません。
痛みがそれほど強くない場合は常用量を服用すれば痛みを軽減することができますが、痛みが非常に強い場合は常用量では効果がないこともあります。

 

そのような場合は短期的に常用量の2〜3倍の消炎鎮痛剤が使われることもあります。
腎臓が悪い人は消炎鎮痛剤を服用すると腎臓の機能を損なう恐れがあるため、服用する前に必ず医師に相談することが大切です。

スポンサーリンク

痛み止めとして消炎鎮痛剤を服用しても効果がない場合はストロイド療法が行われることがあります。
ステロイド剤を内服しても効果が現れなかった場合は患部の関節に直接ステロイド剤を注射することがあります。

 

ストロイド注射は痛みを軽減する効果が非常に高く、特に短期間に重度の発作を何度も繰り返しているような場合に有効とされています。
ただし、患部が母趾基関節などのストロイド注射をするのが難しい部位の場合はステロイド剤を点滴で投与することが多いです。

 

ステロイド療法は非常に高い効果が期待できますが、同時に副作用が現れる可能性もあるので注意が必要です。
一般的に痛風のステロイド療法に使用されるステロイド剤は副腎皮質ステロイド剤ですが、これを服用すると消化性胃潰瘍や骨粗しょう症、精神障害などの重い副作用が現れる可能性があります。

 

また、これまでに高血圧や胃潰瘍、糖尿病などを発症したことがある人は症状が悪化する恐れがあるので通常は服用が禁止されています。
そのため、ステロイド療法を受ける場合は必ず医師の指示に従うことが大切です。

スポンサーリンク