痛風 発作 頻度 間隔

痛風の発作の頻度と間隔について

スポンサーリンク

痛風になると膝などの関節に痛みを感じます。
特に男性がなる傾向が強いですがこれは男性が仕事柄ビールなどのアルコールを摂取する機会が多いことなどが原因と考えられています。
特にビールに含まれているプリン体は体の中の尿酸値を上昇されるとされているので、ビール好きの人は注意が必要です。

 

痛風の発作としては最初は膝などの関節に違和感を感じる程度から始まります。
それがしばらくすると激しい痛みとなってきて発作が起こる頻度も高くなって間隔も短くなっていきます。
最初のうちは発作がでても、2〜3日で発作は治まります。
そして1〜2週間で再び発作がはじまります。

 

最初のうちは痛み止めなどを飲んで少しがまんすれば耐えられるレベルですが、だんだんと痛みも強くなりついには歩いたり靴をはいたりすること自体もつらくなってきます。
そのため初期症状が出ているうちに対策することが必要です。
体内の尿酸値を下げることが必要ですので、病院で薬を処方してもらう方法が挙げられます。

スポンサーリンク

痛風の発作の間隔が短くなり頻度が高くなってくると仕事など日常生活にも支障を来すため、生活改善の見直しは急務となります。
特にビールをはじめとするアルコールの摂取量を減らし、運動を取り入れたり肉類ではなく野菜や魚中心の食生活に切り替える必要があります。

 

病院で薬を処方してもらい服用している間は症状はでませんが、これは薬により病気の発作をあくまで抑えているのであって根本対策とはなりません。
なので痛風の頻度が高くなったり間隔が短くなる前に食生活をはじめとする生活習慣の見直しを行うことが必要です。

 

中性脂肪やコレステロール値も痛風には関係しており、高脂血症の疑いのある人は痛風の可能性も合わせて高くなります。
そのため体脂肪を少なくすることも痛風予防となります。

 

運動は決して激しい運動を必要とせず、マラソンやジョギングまでを行う必要はありません。
30分以上のウォーキングなど少し汗ばむくらいの有酸素運動がお勧めです。

スポンサーリンク