痛風 予防 お茶

痛風予防にお茶は有効!?

スポンサーリンク

痛風とは体内の尿酸が結晶化し、体内の血液中の尿酸濃度が高くなってひざなどに痛みを伴う病気です。
予防法としてはビールなどに多く含まれるプリン体が尿酸の元になるためビールの摂取量を減らしたり水分をたくさんとって体内の尿酸濃度が上昇しないようにすると共に尿と共に尿酸を体内から出すことです。

 

日本人であれば緑茶をたくさん飲みますが、お茶が痛風予防にとって最適かどうかという疑問があります。
お茶には利尿作用が高いカフェインを多く含みます。
そのためお茶をたくさん飲めばそれだけ尿と一緒に尿酸を排出できるため痛風予防の対策として有効です。

 

しかし利尿作用が高いとそれだけ体内の水分を排出してしまうため、体内の尿酸濃度が高くなってしまいます。
だとするとお茶は予防策として有効ではないのかと思いますが、お茶に含まれるカテキンはコレステロール値を下げたり血糖値の上昇を抑制するといった作用を持つため腎臓機能の低下を防ぎ結果として痛風予防となります。

スポンサーリンク

お茶だけをたくさん飲むとたくさんの尿が排出されて血液中の尿酸値が高くなるため、合わせてミネラルウォーターなども飲むと良いです。
しかし痛風になる人の一番の理由は食生活です。
営業などの仕事で得意先と飲みに行くことが多い人であればビールをたくさん摂取することにより尿酸が体内にたまります。

 

その分たくさんの水分とをとることを心掛ければ良いのですが、なかなかそうはいきません。
また油っこいものも大敵です。
これらを意識して減らすようにすれば予防になりますし、痛風以外の病気の予防にもなります。
肥満傾向になると尿酸値も高くなります。

 

コレステロール値と中性脂肪そして尿酸値は関係しており、どれか1つのみが高いという人はさほ多くなくどの値も高いという人が大多数です。
適度に運動を行い食生活に気をつけサプリメントの摂取を行って体内環境を整えればどの値も正常値を近づけていくことができます。
それでも改善されない時には医師に相談することが必要です。

スポンサーリンク