痛風 断食 効果

痛風には断食は効果がある!?

スポンサーリンク

痛風とはビールに含まれるプリン体を大量に摂取すると膝などに痛みを発する病気と言われていますが、プリン体だけが原因というわけではなく脂質やタンパク質などの大量摂取によっても痛風になることはありますので食べ過ぎや飲み過ぎをしないようにすることが必要です。
断食は痛風予防には効果があります。

 

断食を行うとプリン体や脂質などを摂取しないため効果を期待することが出来ます。
ただし水分を摂取することによって体内の尿酸濃度を下げることができ、尿として排出することを促進できますので断食中であっても水分の摂取は積極的に行いましょう。
1日1食でも良いので食事を抜いて但し水分の補給は行うことにより痛風の症状は改善されていきます。

 

これを2週間ほど続けることにより体重も減ります。
ただし断食後の生活が重要で、これまで食事を抜いてきたのであれば急にたくさんの量を食べたり脂っこい食事をとると胃への負担が大きくなるため、野菜スープやおかゆなどからスタートすることがお勧めです。

スポンサーリンク

痛風対策の効果はなんといっても膝などの痛みがなくなることです。
断食によってもそうですが、体重が減った時にも膝の痛みはなくなります。
一度体重も減って膝の痛みがなくなり痛風から回復したのであればその後はリバウンドしないように気を付ける必要があります。

 

そのためには断食を続ける必要はありませんが、ビールの摂取量は控えて運動をとりいれて脂肪を燃焼させ食事も摂取カロリーを気にしながら続けることで再発を防ぐことができます。
会社の健康診断でコレステロールや尿酸値を指摘された人は合わせて痛風になる危険性も高いため普段の生活習慣の見直しを行うとと共に必要であれば病院で診察を受けて治療する必要があります。

 

そうしないと動脈硬化や心筋梗塞といった恐ろしい病気になって致命傷になる可能性もあります。
そうならないためにもすぐに実行に移す必要が必要で、サプリメントの摂取などちょっとしたことからでも始めることが大事です。

スポンサーリンク