痛風 予兆 対処

痛風発作の予兆が発生した場合の対処法

スポンサーリンク

痛風の痛みはある時点から突然痛くなるということはあまりなく、まず患部の違和感から始まって、それが鈍い痛みへと変わり、最後に強烈な痛みへと変わるという風に段階的に進んでいくことが多いです。
痛みが完全に出てしまってからは劇的に症状を改善させることは難しいですが、その前段階、つまり予兆の段階であれば適切な対処をすることで、強烈な痛みを発生させずに症状を改善していくことが可能です。

 

では、適切な対処とはどのようなものなのかというと、コルヒチンという薬を飲むことです。
いつも痛風の患部になる場所に熱を感じる、あるいは動かすと軽い痛みを感じるという段階で飲むと効果的です。

 

しかし、この段階を過ぎて少しでも患部を動かすと歯を食いしばりたくなるような痛みが発生するというところまで行ってしまった場合は、コルヒチンを飲んでも意味がありません。
そこまで強い痛みが出たら痛み止めを飲んで安静にするという対処が求められます。

スポンサーリンク

コルヒチンは医師から処方される薬なので、最低一度は痛風の発作を起こして病院へ行かないともらうことはできません。
そのため、今まで発作を起こしたことがない人が初めて痛風になった場合、予兆があったとしても、これから痛風の発作が起きると気づかず、また、コルヒチンも持っていないという状況に陥ってしまいます。

 

予兆自体が初めてという場合、痛風の発作なのではと少しでも疑ったら、とにかく安静にしましょう。
そして、できるだけ水分を取って尿を排出しましょう。
そうすることによって、体内の尿酸も外に出て行き、完全に発作になる可能性を少しでも下げることができるからです。
初めての発作は夏に水分を取らず体を動かしたことにより、尿酸値が高くなったことがきっかけというケースもあるので、そういった点でも水分補給は重要です。

 

また、予兆があったら確実に発作につながるのかというと決してそうではなく、予兆だけで収まってしまうこともあります。
ただ、その場合でも病院に行って血液検査をしてもらうように頼んで尿酸値をはかっておくようにしましょう。
病院へ行き、適切な検査や治療を受けましょう。

スポンサーリンク