痛風 食事 納豆

痛風の食事として納豆は良くないとはウソ!

スポンサーリンク

まず、痛風とは、関節内に「尿酸塩血晶」と呼ばれる物質が現れることによって引き起こされる「関節炎」ということです。
発生原因は、食事による過食、大量飲酒、肥満、ストレスなどが原因で血中濃度が上昇したりすると、尿酸の結晶化が起こり、これが引き金となって痛風発作を引き起こす原因となるそうです。

 

健康診断の数値で尿酸値が高いとされている人がかかりやすいと言われています。
この治療法として、生活習慣の改善が不可欠であり、プリン体の少ない食事や飲酒制限、食事や運動による、肥満の解消といった、生活習慣の改善を行うことが第一に必要だということです。

 

この生活習慣の改善の一つである、「食事」の中でも、痛風には納豆はよくない、というのが有りますが、この情報はウソであり、むしろ痛風の方は「納豆を積極的に食べたほうが良い」らしく適切な納豆の量は、予防対策に良いそうなのです。
痛風予防には良い点がいくつかあり、3つほどの理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

・ひとつ目は、医師からの食事制限により、動物性蛋白質を制限されるので、そのタンパク質を補えるのが納豆であり、これには植物性蛋白質が豊富に含まれており、食事制限によるタンパク質不足を補うことができるそうなのです。

 

・ふたつ目は、納豆はアルカリ性食品ということで、実は痛風の原因となる尿酸は、アルカリ性の尿に溶けやすく、尿がアルカリ化されることによって、尿酸が対外へ排出が促進されるそうなのです。
予防には、尿を「アルカリ化」することが、必要なのだそうです。

 

・みっつ目は、尿酸の産生を抑制する「葉酸」が納豆には多く含まれるということです。
葉酸は妊婦にも良いと言われていますが実は痛風にも効果的であるとのことです。
この葉酸には、尿酸を作る、キサンチンオキシダーゼと呼ばれる酵素の働きを弱める効果があるらしく、この葉酸を摂取することで、尿酸の生成を抑えることができ、予防に効果的だということです。

 

 このように、納豆はよくないどころか、適切な量の摂取は予防に効果的であり、過剰な摂取でないかぎりは、気にしないで、むしろ積極的に摂ったほうが良いとされています。

スポンサーリンク