痛風 漢方 市販

痛風には漢方などの市販薬は有効??

スポンサーリンク

体質や毎日の食生活に影響されやすい痛風は、漢方薬でも改善が望めることがあります。
漢方薬を使用する際には、個人の体質に合った薬を選ぶことがまずは大切です。
専門医や漢方薬局などに相談をして、自分の体質を診てもらうことが求められてきます。

 

専門家による診断が下れば、適切な漢方薬を処方してもらうことが可能です。
適した薬が分かれば、市販品の利用もしやすくなります。
体質の見極めは、やはりプロに任せる方が安心です。

 

痛風は、様々な体質の方に起こり得る病気です。
例えば、体格が良く体が丈夫な方や、肥満体の方、水太りになりやすい方などに分けられます。
このような分類によって、適した薬は違ってくるのが東洋医学の考え方です。

 

痛風の改善に効く漢方薬には数種類あり、ベストな選択が重要になります。
市販品の数も増えていますので、薬の名前が分かればドラッグストアで購入する際にもスムーズです。
急激な発作の際に使用する、緊急用の漢方薬もあります。

スポンサーリンク

この病気では、出来るだけ医療機関で薬を処方してもらうのが良い方法と言えます。
特に西洋薬の場合は、作用が強いだけに正しく使うことが必要です。
痛風発作の際には、市販の鎮痛薬も多く利用されています。

 

医療機関で処方される薬と同じ医薬品も販売されているのが、最近のドラッグストアです。
ですので、選び方次第では市販薬でも痛風発作を抑えることは出来ます。
ただ、鎮痛薬の中には却って痛風を悪化させてしまうものがあり、要注意です。

 

いわゆるアスピリン系に分類される鎮痛薬は、痛風の方には禁忌です。
この手の鎮痛薬は発作時の痛みをさらに悪化させてしまいますので、使用を避けるべき薬となります。
病名が判明していない場合には、誤ってアスピリン系の薬を服用してしまうことがあるのが問題です。

 

激しい関節の痛みがある方は、市販薬の購入の際にも薬剤師に相談することが求められてきます。
鎮痛薬にはかなりのバリエーションがあり、正しい選び方が重要です。

スポンサーリンク