痛風 治療 薬 副作用

痛風治療で薬の副作用

スポンサーリンク

「風が吹いても痛い」と言われている痛風ですが、関節にたまった尿酸が原因で関節炎を伴う病気です。
足の親指が痛むと言われていますが、親指だけではなく足首やくるぶし、かかとに膝などに痛みが生じることもあります。
通常、何箇所も痛みはなく1箇所だけ痛みます。

 

痛風は、急になりますが何度も繰り返す病気でもあり、1度痛風になったら次に症状が出る前には前兆が起こることがあります。
患部が痛む前にヒリヒリしたりムズムズしたりと違和感が起こることがあります。
1度痛風になった方は注意が必要です。
症状は痛みが激しいこと、赤く腫れあがることです。
その痛みはとても強い痛みを生じます。

 

痛風にならないように予防をすることをお勧めします。
原因は、尿酸を多く含む食べ物や飲み物を摂取することです。
「ビール」は特に注意が必要です。

 

食事などの生活習慣を見直すことが大事です。
そのまま放置しておきますと繰り返すので治療をして治しておきましょう。

スポンサーリンク

治療方法は、薬物治療になります。
処方された薬を飲むことで症状は落ち着いてきます。
薬と食事、運動、睡眠、ストレスなどの改善も必要です。
アルコールを控える、肥満体型を改善する、肉類を控えて食物繊維を増やす、ストレス解消をするなど気をつけましょう。

 

薬には副作用があります。
副作用の症状は、吐き気、下痢、胃腸障害などがありますが、副作用がひどい時には医師に相談をしましょう。
副作用があっても薬の使用はやめない方が良いです。

 

薬は、尿酸値を下げるものではなく痛みの症状を緩和するものなので尿酸値を下げるには、毎日の生活習慣が重要です。
無理をするとストレスになるので少しずつできることからしていきましょう。
肥満体型、糖尿病、高血圧の方は注意が必要です。
様々な病気になりやすい確率が高い方です。

 

副作用はとても辛いですが、痛風の痛みは大丈夫と思わないで治療と同時に病気の予防をしましょう。
痛みはとても辛く感じます。
健康になるためにも生活習慣を見直して生活をすることを心がけましょう。

スポンサーリンク