痛風の原因は飲み物にあるのか

痛風の原因は飲み物にあるのか

スポンサーリンク

 

痛風に苦しんでいる方はたくさんいます。
それではどのような原因によって痛風になってしまうのでしょうか。
それには飲み物が関係しているとされています。
どんな飲み物が病気を引き起こす原因となってしまうのか説明しましょう。

 

 

【痛風とはどのような病気なのか】

 

よく聞くことの多い痛風とはどのような病気なのでしょうか。
こちらは尿酸が体内にたまってしまい、それが結晶になってしまうことによって関節炎になってしまう病気のことです。
病気に関する研究は進められており、治療法も確立されているため、きちんと病院で治療を受けることによって普通の生活を送ることは可能です。
ただし、自然治癒するようなことはなく、放置すると痛みがどんどん酷くなってしまうため注意しましょう。
結節ができてしまったり、腎臓を悪くしてしまう可能性があるのです。
高尿酸血症という状態になり、そのあとに痛みを感じるようになります。
これは薬で抑えられるのですが、再び発作が起きてしまうことが多いです。
そのため、しっかりと治療をすることが大切です。
こちらの病気の原因として飲み物が関係しているといわれています。

 

スポンサーリンク

 

【原因について】

 

まず痛風というのは圧倒的に男性の患者が多いことで知られています。
これは女性ホルモンには尿酸の排泄を促す働きがあるためです。
ただし遺伝性の病気もあるため、女性が絶対にならないというわけではありません。

 

 

このような痛風の原因としてはビールが悪いといわれることがあります。
プリン体を多く含んでいるビールを飲むことで病気になると注意されたことのある方は多いでしょう。
しかし、実はビールというのはそれほどプリン体を多く含んでいません。
むしろそれと一緒に食べることになるものにこそ原因があるケースが多いです。
マグロやタラコ、ウニ、エビなどを食べ過ぎないようにしましょう。

 

 

【良い飲み物とは】

 

尿酸値を下げるためにはたくさんの尿を排出するべきでしょう。
そのためには飲み物によってどんどん水分を排出することが大切です。
その際には水やノンカフェインのお茶を飲むと良いでしょう。
糖分をあまり含んでいないものが良いです。
また、カフェインは体内の水分を取り除きすぎてしまうため逆効果となります。

 

 

痛風の原因とされている飲み物としてビールが注意されていますが、実はあまり関係がありません。
食べ物からプリン体を摂取し過ぎてしまうことの方が原因となります。
予防や治療の際には水分をたくさん飲むことが大切です。
糖分を含まないノンカフェインの飲み物をおすすめします。

 

スポンサーリンク